• Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean

0120-101-057

Tel

情報

BOX

私たちはお客さまに
さまざまな情報を見極めて
保険加入をして頂きたいと
考えます。
 
おしえん坊

先進医療とは?

 

厚生労働大臣が定めた高度な医療技術を用いた療養のことです。 先進医療にかかる技術料以外の診察・検査・投薬・入院料などは健康保険の給付対象となりますが、先進医療の技術料は健康保険の給付対象外となるため、全額自己負担となります。 先進医療の種類や医療機関は随時見直されます。 最新の情報は厚生労働省のホームページ をご覧ください。

 

患者さんが納得のいく治療法を選択することができるように、治療の進行状況、次の段階の治療選択などについて、現在診療を受けている担当医とは別に、違う医療機関の医師に「第2の意見」を求めることです。 セカンドオピニオンは、担当医を替えたり、転院したり、治療を受けたりすることだと思っている方もいらっしゃいますが、そうではありません。 まず、ほかの医師に意見を聞くことがセカンドオピニオンです。

入院の心得と知恵

 

・入院は月初、退院は月末 だと得?

・限度額認定申請は必ず事前に手続きを

・医療費控除は自分で申告が必要

・高額療養費制度、差額ベットは対象外

老け顔の人は早死にする!?

 

こんなショッキングな研究が2009年に南デンマーク大学で老化医学を専門としている

ユーア・クリステンセン教授のグループから発表されました(BMJ 英国医学誌)。

札幌市手稲区 くにちか内科クリニックホームページへリンク

http://www.kunichika-naika.com/hitorigoto/2014/20150208312.html

健診データで心筋梗塞、脳梗塞リスクを予測 

 

(このシステムにアクセスするためのアドレスは下記)

http://www.fujita-hu.ac.jp/~deppub/risk.html

健康診断は本当に効果はある?…受診だけでは死亡率減らず

 

病気のリスクを早期に見つけて、病気を未然に防いだり、進行を抑えたりするために実施される健康診断。

 ここ数年、欧米の大規模な研究で、健診を受けるだけでは病気の発症率や死亡率が減らないという結果が出ています。

どう考えたら良いのでしょうか。

 

治療が悪影響? 意識を高める?

富士山が噴火したら? 保険は支払われる?

 

110か所もの活火山がある火山大国に住む私たち、いつ噴火が起きても不思議ではない火山の周囲には多くの住民が暮らしています、突然の噴火でけがをしたりあるいは住宅や財産を失ったりした場合、私たちが加入している保険はどこまで補償してくれるのでしょうか。

地震保険って?

 

地震保険(じしんほけん)は、損害保険の一種で地震による災害で発生した損失を補償する保険である。 なお地震補償保険も地震による損害を補償するが、地震保険に関する法律による制限を受けないため、これを「地震保険」と呼ぶのは厳密には誤りである。 この項目では、特に断りのない限り地震保険に関する法律で定められた固有名詞としての地震保険について記述する。

・地震保険- Wikipediaより

「ポケモンGO」を操りながら自動車を運転するなどで取り締まりを受けた数が71件、さらに人身事故が4件、物損事故が32件――。

平成28年7月22日の配信開始以降、25日午前11時半までに全国で起きたポケモンGO絡みの事案件数だ(警察庁発表)。

 

認知症損害と個人賠償責任保険の改定

 

認知症のため徘徊していた男性が線路内に入り列車にはねられ亡くなったことがきっかけで、一部の損害保険会社で、認知症の方が事故で損害を与えた場合に保険金が支払われるよう、個人賠償責任保険の内容に改定がありました。

 

クルマの自動運転 賠償責任は

クルマの自動運転では、損害保険各社が、「被害者救済特約」「無過失事故特則」などで補償する内容を発表、来たるべき時代に備える姿勢を見せています。

自動運転の実現と普及により、事故の削減、環境負荷の軽減、高齢者の移動手段の確保など、様々な効果が期待されています。

一方では、事故が発生した場合の責任の所在については、法的課題が残されています。

 

最近、TVで『成年後見制度』の問題が取り上げられていました。

​親が認知症になると相続対策もできなくなると聞きましたが本当ですか?

初めての「ふるさと納税」

 

ふるさと納税という制度が始まって早6年。
お得だという話は耳にするけど、本当にお得なのか?どうやってやればいいのか?
​制度を学んで、今年こそは「ふるさと納税」始めてみませんか?

 

TIA(一過性脳虚血発作)とは

脳梗塞の “ 前触れ ” 、ご存知ですか?