新型コロナ、ホテルや自宅療養で保険は下りる?


2020年5月9日時点で、日本での新型コロナウイルスの感染者数は15,000人を超え、国内の死亡者は600名を超えました。感染者が急増する一方で受け入れるベッド数に限りがあるため、都市部の医療機関では感染者全員を収容できず、新型コロナウイルスに感染している方の受け入れ先を東京都や大阪府は医療機関の負担を減らすために、域内のホテルを借り上げて入院中の軽症者や症状のない患者を移しています。また、軽症者は医療機関に入院することなく、初めからホテルなどで治療を行っています。


そこで気になるのが、入院したときに適用される医療保険の保障が、ホテルや自宅での療養で認められるのかということ。新型コロナウイルス感染は給付金の支払い対象とされていますが、軽症のため入院できずにホテルや自宅療養した場合、入院給付金は支払いの対象となるのでしょうか。


緊急事態宣言が発令された4月以降、多くの保険会社では特例措置として、医療機関の事情により新型コロナウイルス感染者が入院できず自宅やホテルなどの臨時施設で療養した場合でも、医療保険の給付金の支払い対象とすることを発表しています。なお、給付の条件として、治療期間を確認できる医師の証明書の提出が必要です。


新型コロナウイルスの感染状況によって、今後このような医療保険の特例措置を適用する保険会社も増えていくと見られます。最新の情報は、必ずご加入中の保険会社ホームページ等をご確認ください。


アクサ生命保険株式会社 オリックス生命保険株式会社 ソニー生命保険株式会社 ニッセイ・ウェルス生命保険株式会社 日本生命保険相互会社 富国生命保険相互会社 三井住友海上あいおい生命保険株式会社 メットライフ生命保険株式会社