検索
  • 小谷 卓也=Beyond Health 2019.10.21

線虫がん検査、2020年1月実用化に向けた「最終調整」へ


久留米市・小郡市と連携し実際の検査フローを試行・検証


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

線虫でがん検査、2020年1月に実用化 約85%の確率で特定

体長約1ミリの線虫を使ったがん検査の開発に取り組む九州大発のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(東京)は1日、尿1滴でがんの有無を8割以上の高確率で判定できるという安価な検査法「N-NOSE(エヌノーズ)」を、来年1月から実用化すると発表した。検査費用は1回9800円。健康診断への導入を希望する企業や医療機関、自治体の申し込みを受け付けている。 線虫は土壌などに生息する微小生物。犬よ

19年末にも=尿1滴で判定、線虫がん検査

体長約1ミリの線虫が、がん患者の尿に誘引される性質を利用したがん検査の実用化に向け、九州大発のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(東京都港区)と日立製作所は18日、共同研究を行うと発表した。日立が自動解析装置を開発し、2019年末から20年初めに保険が適用されない自由診療での実用化を目指す。 http://medical.jiji.com/news/5970 #テキスト

患者申出療養

保険診療との併用を認めるかを検討する「患者申出療養評価会議」(座長:聖路加国際病院長・福井次矢氏)の第1回会議が、4月14日に開催。患者が申し出た医療技術が既に先進医療として実施されている場合は、まず先進医療の枠組みでの実施を考慮、また、患者申出療養で使っている薬剤の治験が始まった場合は、原則として患者申出療養の新規患者組み入れを休止し、治験に集約することとし評価療養の仕組みとして治験や先進医療と

  • Google+ Clean
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean

0120-101-057

Tel