検索
  • PRANET

線虫が早期がんを嗅ぎ分ける! 尿1滴で95.8%


線虫と呼ばれる微生物が持つ優れた嗅覚を利用し、がんの匂いを嗅ぎ分ける研究をされています。C・エレガンスとなんとも優雅な名前を付けられた線虫は、犬の1.5倍1200もの嗅覚受容体(匂いを受け取る分子)を持ち、しかも人間の尿の中のがんの匂いに寄ってくるという実験結果を、九州大学 助教 廣津崇亮氏が発表、その確率は95.8%。尿一滴ならば、検査を受ける人の体の負担も少なく、線虫を使うことで費用も大幅に削減、国内の病院と臨床試験を進め、3年後の実用化を目指すという。

http://www.mugendai-web.jp/archives/5131

#テキスト

0回の閲覧
  • Google+ Clean
  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean

0120-101-057

Tel