新型コロナウイルスに感染した場合、生命保険会社の商品で保障対象となるのかを確認しましょう。

■医療保険
多くの生命保険会社から取り扱い方針が発表されていますが、新型コロナウイルスに感染し、医師の指示のもと入院した場合は、通常の疾病での入院と同様とみなされます。そのため契約通り、入院日数に応じて医療保険から給付金が支払われます。

※ホテルなど医療機関以外での療養に対しての特別措置については、5-1 ホテルや自宅で療養しても保険は下りる?をご覧ください。

もし、入院後に通院することになっても、通院給付金が支給される医療保険であれば給付金が支払われます。ただし、通院給付金は「〇日以上の入院を経た場合に限る」など、入院後の通院に限られることが多いため気を付けてください。手術給付金についても、入院給付金・通院給付金と扱いは同様です。

また検査費用ですが、もともと医療保険には「検査費用給付金」という項目は設けられていないため、特に給付はありません。ただし、感染疑いでの検査入院であっても医療保険の保障対象となります(医師の指示による入院に限る)。入院して検査を受けるならば、入院日数に応じて給付金を受け取ることができます。

⇒医療保険ランキングはこちら

  • Facebook Clean
  • Twitter Clean
  • Google+ Clean

0120-101-057

Tel